アーカイブ

腋臭を軽減するための幾つかの技法の一つが対症療法

腋臭症を軽減するための幾つかの技法の一つが対症療法です。あなたも試してみたいと考えているでしょうか。
そもそも、対症療法でワキガを改善する方法といえばワキから異臭とも言えるニオイを発するワキガですが、この腋臭症を改善していくためには幾つかの方法があります。その一つが対処療法です。

対処療法というのは根本的な治療ではありませんが、その場でワキガの症状を抑えたり緩和させることが出来る方法です。
基本的には市販品の制汗剤もかなり効果的です。軽度のワキガであれば制汗剤を使えば大体はにおいを消すことが出来ますよ。制汗剤を使う前にしっかりとワキを拭き取り、清潔な状態にしてから制汗剤を使うということを行えば、軽度の腋臭症であれば十分に対処していくことが出来ますよね。
それでもやはり気になるという方の場合には、スプレータイプのものではなく、パウダータイプの制汗剤を使う、クリームタイプの制汗剤を使うことをおススメします。スプレータイプよりもかなり効果的です。この場合にはできれば無香料のものを選択しましょう。
ワキ毛があるというかたは、ワキ毛を処理して通気性を保つようにしておくといいですよね。ワキが蒸れるとどうしてもワキガも強くなります。腋臭症が強い場合には、塩化アルミニウムが入った制汗剤を使ってみてください。かなり効果的になりますよ。
僕は高校生の頃に自分がワキガであることがわかりました。きっかけは母が洗濯物を干しているときに、私の来ている白いTシャツの脇の部分の布が変色していることを言われました。僕は特に気にしていなかったのですが、母はすぐに「あんたワキガだと思う」と言われました。
まさか自分が腋臭症だと思ってもみなかったので、それからというもの「臭い」「匂い」という言葉にひどく敏感になりました。自分の体臭を女の子に嗅がれることが怖くなり、文化祭の作業などでもなるべく近づかないように、距離を置くようにしました。
そのせいで、周りからは私は女の子を嫌っていると思われたらしく高校生活は全然たのしくありませんでした。社会人になってからも、何か仕事のことで質問をされる時は、女の子が近くにくるのでとっさに距離を置くようになってしまいました。
体に触られたりすることにも、恐怖心を抱くようになり、とにかく匂いがかげる距離には近寄らせないようにしました。そのせいで未だに彼女はいませんし、男の人とはうまく関係を築けるのですが、女性とは会話すらままならない状態です。
ワキガの改善にはデオドラントのスプレーでは駄目なのかを紹介します

投稿日: 2017年3月2日 カテゴリー: 役割

直すためのオリジナルの戦術

オリジナルの汗っかきを直すための戦術を考え付いたので、ここで紹介しておきましょう。
ただでさえ暑い夏。汗っかきさんには地獄ですよね。私も長年、汗で悩んでいます。夏は、家を出て駅に着く頃には全身ずぶ濡れ状態、ワイシャツが透け透けになる、満員電車で周りの人が嫌そう、など汗っかきがゆえに精神的にも辛い思いをしてきました。

もちろん汗っかき対策についても考えましたよ。汗を止めるツボを押しまくる、体中を汗拭きシートでふきまくってから服を着る、着替えを持ち歩いて目的地に着いたら着替える、などです。まあ大した効果はありませんでした。
汗を拭こうが着替えようが10分後にはまた濡れるのですから。けれどせめて毎日じゃなくても、自分にとって大事な日に1日だけでも汗を止める対策があればいいな、と日々研究を続けました。そこで見つけた方法をお教えします。
あくまでも毎日はやめたほうが無難な汗かき対策ですので自己責任でお願いします。
①ハッカ油を薄めて体をふく本来は数百倍の精製水で薄めて使用する物です。ハッカ油自体は体に害のあるものではありませんが、濃いとかなりスースーして刺激が強いのでやり過ぎには注意しましょう。
②オドレミンを使う脇汗を止める効果があるオドレミンですが、塩化アルミニウムで汗腺を塞ぐ効果があるので全身にやるのは体に害があるおそれがあります。
あくまでも1日だけ、顔や首ぐらいなら大丈夫かもしれません。上記は全て私が見つけたオリジナルの汗かき対策方法なので、あくまでも自己責任で試してみてくださいね?。
汗っかきを解消するための対策

投稿日: 2017年3月2日 カテゴリー: 役割